組合について

設立と目的

「四国遊技機商業協同組合」は、昭和36年3月に発足した「四国遊技機商業組合」を前身として、昭和63年4月に当時の四国通商産業局(現在は四国経済産業局)の認可を受け、「協同組合」としての法人格を取得し設立されました。

当組合は、ぱちんこ店で使用する遊技機又は部備品並びに設備等を販売する中小企業事業者(販売業者)や製造業者等を組合員としており、2021年10月現在で43社となっております。

当組合を含む全国の8地区(北海道・東北・東日本・中部・関西・中国・四国・九州)の組合で構成する「全国遊技機商業協同組合連合会」の一員として連携を強化し、販売業者の地位向上を図り、ぱちんこ産業が健全な娯楽産業としてより広く国民に認知されるよう事業を展開しております。

組合事業内容
  1. 組合員の取り扱う中古遊技機に関する
    証紙及び書類等の発給事業
  2. 組合員の事業に関する健全化推進事業
  3. 組合員の事業に関する知識を深め
    能力の向上を図るための教育及び
    情報の提供
  4. 組合員の福利厚生に関する事業

組合の事業

組合理念

私たちは、
思いやりの精神を大切に、
一人ひとりの未来のために集う。

行動指針
  • 四国遊商は、
    遊技業発展のため、進化し続けます。
  • 四国遊商は、
    お客様満足追求のため、深化し続けます。
  • 四国遊商は、
    地域社会の発展のため、新化し続けます。
  • 四国遊商は、
    組合扶助向上のため、親化し続けます。
組合員数(2021年10月22日現在)

43社

活動目標
  1. 遊技機及び部備品の流通におけるセキュリティーを強化し、
    安心・安全な商品の提供に努める
  2. 中古機流通制度の厳正な運用と中古機市場の秩序の保持に努め、
    中古機流通の健全な発展に貢献する
  3. 使用済み遊技機の適正な処理により、不法投棄及び不正使用の根絶を図り、
    リサイクル・リユースを推進する
住所と連絡先

四国遊技機商業協同組合 事務局
高松市林町2518番地14
TEL:087-868-0220; FAX:087-868-0221
E-MAIL:info@shikoku-yusho.or.jp

ページのトップに戻る